太陽光発電のシミュレーションとは

地球規模で温暖化が進むことが注目される中、二酸化炭素を排出しないエコでクリーンな太陽光を使った発電システムが注目されています。初期の設備投資にかかった費用を消費電力と余剰電力の売電収入を差し引きしえ費用対効果を計算するのがいわゆるシミュレーションです。太陽光の発電システムを導入するためにかかった費用から、システム導入によって節約することの出来た光熱費や売電によって電力会社から得られる収入などを差し引いて、何年程度で費用を回収することが出来るかを予想して計算するのがその算出方法です。広く一般家庭にも浸透し、システムを導入する家庭が増えた現在では、費用面でも初期の頃よりも低額での導入も可能になり、ますます魅力的で注目を集める存在になっています。

太陽光発電を導入することのメリット

無尽蔵な太陽の光を使って電気エネルギーに変換するという夢のようなシステムが現在は一般家庭にも広く普及する時代となりました。屋根に設置したソーラーパネルに降り注ぐ太陽の光を家庭用に使用できる電気エネルギーに変換することで、家で消費する電力を自宅で発電してまかなおうというものです。さらに使用して余剰電力が発生した場合には電力会社に買い取ってもらうことで売電収入が見込めることから、光熱費の節約になるだけでなく、気象条件などによっては収入によって光熱費の差し引きがプラスになることも期待できるシステムです。二酸化炭素を排出することなく環境に優しいというところも注目ポイントですが、地震の多い日本にあって万一の際の最低限の電源を確保するための方法としても注目されています。

シミュレーションでわかる費用対効果

太陽光発電が魅力的で多くのメリットのあるシステムだということが理解できたとしても、初期投資には発電量などに応じてそれなりに高額の工事費用が発生します。人気の高い太陽光発電を取り扱う業者が増えたことで、中には非現実的なシミュレーションを提示して、あたかもすぐに工事費が回収できるような説明をする業者もいるのですが、あまりにも極端なシミュレーションを提示するところは要注意です。現実に即した、家庭の電力使用量を算出し、実現可能な範囲でより現実的な発電量とあわせて使用電力と売電の収入を差し引きして計算すれば、設備投資をするだけの価値が見込めるかどうかが判断できます。発電量は設置地域の日当たりはもちろん、気象条件なども大きく影響するものです。様々な条件を考慮し、より実現可能な予想を立てることが重要なポイントです。